「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2010年 01月 28日

ニメットさんのお皿とお花をあわせてみました。

f0157225_13584655.jpg
トルコのお皿ってそれだけで華やかだから
お花とあわせにくいのでは?と思っている方多いかもしれません。
日本の場合お花を生ける時、
白系やガラスなど、あまり主張しすぎないものが主流です。

でも、ニメットさんの陶器とあわせてみたこの写真いかがですか?
お花の可愛らしい雰囲気としっくりあって、
春らしいハッピーな感じになりましたよ。

実は、息子の保育園時代からのママ友さんが
お花のアレンジレッスンをされているので、
先日そこでレッスンを受けてきたのです。
(お花のレッスンは生まれて初めてだったので、
先生と素敵なお花のおかげで何とかアレンジは形になったのですが。)

で、その方に「一見難しそうに見えるけれど、
トルコの陶器や布とお花は結構合うわよ!」と
アドバイスをいただいたので、自宅にあったニメットさんの
お皿と合わせてみたのです。

先生にもこの写真を見てもらいましたが、
おほめをいただき、今度アレンジに是非使いたい!と(笑)。
先生はお花の撮影をするとき、時々うちの商品を使っていただいているのですが、
それがいつも見事に合っているので、感謝とともに感心しています。

今回は別の花器に生けたものをお皿のうえに置いていますが、
先生によると、お皿や鉢にオアシス(花生け用の吸水性のスポンジ)などを置いて、
オアシスを隠すように花や葉を差していくだけで素敵になりますよ!とのこと。
トルコのお皿には細かな花よりも大柄のお花があうとのことです。

ブルー系のデザインの器ならピンクやむらさきのお花も上品になり、
カラーの強い器なら、白系はもちろん、
同系色や反対色の濃い色めのお花を主体にするととっても合いそうです。

いろいろなお花が楽しめるこれからの季節。
是非みなさんも挑戦してみてはいかがですか。
[PR]

by sofa_td | 2010-01-28 13:58 | トルコもの
2010年 01月 25日

手描きのタイル

f0157225_1863755.jpg

イズニクタイルを彷彿とさせる
美しい手描きのタイルのご紹介です。

トルコ政府御用達のエミネさんの工房から届きました。

エミネさんは国内外でも評価と信頼の高い、
有名女性陶器デザイナーでもありますが
実際のエミネさんはとても穏やかな優しい方です。
ご兄弟でキュタフヤに工房を持ち、イスタンブルとキュタフヤを
忙しく行き来していらっしゃいます。

SOFAのエミネさんの工房とのお付き合いはもう随分長く
(実は当社社長が子供のころからの知り合いです)、
私たちのいろいろなわがままもニコニコと聞いてくださいます。
私たちも職業柄いろいろな陶器を見てまいりましたが、
やはりエミネさんの実力はピカ一です。
筆のタッチやキレが違うのです。

そんなエミネさんの工房から届いたタイルも本当に美しく、
SOFAでは開店当初から取り扱っておりますが、
やはりその上品な色彩と、ち密ではあるものの
自由でおおらかなデザインがご来店のお客様の目を引くようです。

小さなものはアクセサリー制作や、家具・壁などのリフォームによく
ご購入いただいております。額にします!と嬉しそうにおっしゃってくださるお客さまも。

今回ネットショップでもご紹介しております。
是非一度ご覧になってくださいませ。

手描きタイルのページ
http://turkishsofa.com/seramik/page/handmadetiletop.htm
[PR]

by sofa_td | 2010-01-25 18:08 | スタッフおすすめ
2010年 01月 19日

切手集め

f0157225_15563677.jpg
昨年から、外国の切手集めにはまっています。
きっかけはラッピングの時に使ったら可愛いだろうな、
と東欧の切手を買ったことでしょうか。
いまでは娘も切手集めが趣味になり、
一緒に切手屋さんや切手イベントにいっては
安い切手を集めて楽しんでいます。


そういえばトルコの切手もまだあるはず!と
当時使っていた手帳をみてみるとはさんである、はさんである。
お花柄やら、ケマル・アタチュルクやら、アートなものまで
結構沢山ありました。

最近ではトルコに行くたびに切手屋さんを覗きます。

イスタンブールや地方の郵便局でも聞いてみましたが、
なかなか記念切手を見せてくれない。
アタチュルク以外のトルコらしいデザインの切手はストックがないと言われ
「切手屋さんに行けば」と窓口の女性局員(笑)。

で、街中で切手屋さんを見つけては入ってみるのですが
まず日本の切手屋さんのようには
なかなか実物を自由に見せてくれない。
最初にトルコで発行されている切手カタログをみて
「これ!」というものがあったら店主に「これありますか?」と
お尋ね。そうしたら店主さんが台帳をめくって見せてくれます。

値段も、日本で買うよりも高いことが多いので、
涙をのんであきらめることもしばしば。
そんなときはお得なパックもので我慢。

店主さん強気なんです。
時に「これは一枚しかないから売りたくないんだなあ」と言われます(笑)
でも長ーい時間をかけて一生懸命見ていると
「これはどう?」とお宝を見せてくれたり、安くしてくれたり。
古いものは消印が凝っていて素敵なので
デザインのヒントになりそうで、つい見とれてしまいます。
娘にはお花とキャラクターの切手を、息子にはサッカーものをお土産に。

日本でも切手コレクターはおじさんが主流ですが、
トルコでも男の世界。
私みたいなのが切手屋さんに入ると、ちょっと場違いですが
礼儀正しくしていれば、とっても優しく放っておいてくれますので
好きなだけ切手の世界に浸れるのです。


みなさんもトルコから送られてきたお手紙の切手を
きれいにはがしてラッピングなどに使ってみてはいかがですか?
[PR]

by sofa_td | 2010-01-19 15:52 | トルコもの
2010年 01月 11日

福袋発送中です。

予想以上にご好評をいただいた今年のラッキーパック(福袋)。
ただいまモーレツな勢いで発送を行っております。
ご注文をいただいたお客様にはお待たせをしており申し訳ございません。

ひとつずつご注文をいただいたお客様のことを
思いながら、スタッフがお届けをしておりますので、
何が入っているか
どうぞ楽しみにお待ちくださいね。


残りわずかですが、
まだゲットできるラッキーパックもありますので、
是非お早めにご利用ください!

http://turkishsofa.com/luckypack.htm
[PR]

by sofa_td | 2010-01-11 11:33 | おみせのこと
2010年 01月 05日

2010年もよろしくお願いいたします&福袋再追加のお知らせ

2010年がいよいよスタートいたしました!
今年のSOFAは面白い企画にどんどん挑戦していきたいと
思っていますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします。


年末年始は皆様いかがお過ごしでしたか?
私は子供たちと田舎におりましたが、大晦日に待望の雪が降りつもり、
年甲斐もなく子供たちと雪まみれになって雪合戦をしたり
雪だるまを作ったりしました!
f0157225_1403451.jpg
f0157225_141493.jpg


面白いものでいったん雪だるまを作り始めると熱中するのは大人で
子供たちはすぐに飽きてそこらを走り回っていました。
オーソドックスにバケツとほうきで飾ってできあがり。
近所には子供もいるはずなのに、雪の中はしゃぎまわっているのは
我が家だけでした。道を歩いても子供たちの姿が全く見当たらず。
みんなコタツでテレビかゲーム?
昔は雪が積もるとだいたい子供がいる家の前には
雪だるまがちょこんとあったのに。・・・ちょっと寂しいですね。


[オヤ雑貨ラッキーパック(福袋)再追加販売のお知らせ]
年末年始のお休み中にオヤ雑貨ラッキーパック(福袋)の
追加分がおかげさまで完売してしまいましたので、
急きょ再追加をすることにいたしました。
今回で最終となりますので、ぜひお買い逃しなく!
そのほかのパックも残りわずかですよ。
[PR]

by sofa_td | 2010-01-05 14:10 | そのほか